人気ブログランキング | 話題のタグを見る

naver007

重要民俗資料 第113-9号


時代未詳
高麗大学校

朝鮮時代入れ墨である紅塵種(1649〜1702)の衣服で 1968年京畿道計算違い邑で出土された.紅塵種は肅宗 3年(1677) 過去に合格してピョンガン県監を執り行なった事がある.

2点の中で一つは表と載せないa明紬で薄く綿を置いて 1.5㎝で歩き回って作った男ズボンだ.ズボン長さ 110㎝,ズボン腰長さ 61㎝,腰広さ 17.8㎝,ミッギルが 42.6㎝,くちばし広さ 30㎝でくちばし下には他の布を 2.2㎝ 大魚中でゴンググリョッダ.

もう一つは明紬に綿を厚く置いて 6㎝ 厚さで歩き回ったことで,寒い時はくズボンだ.ズボン長さ 96.5㎝,ホ里道が 67㎝,腰広さ 18㎝,くちばし広さ 30㎝,ミッウィギルが 39㎝,クンサポックノブが 25㎝だ.

# by naver007 | 2006-10-25 21:16 | ■韓国文化財

重要民俗資料 第113-8号

モックミョンナブウィで(木綿納衣袴)

時代未詳
高麗大学校

朝鮮時代入れ墨である紅塵種(1649〜1702)の衣服で 1968年京畿道計算違い邑で出土された.紅塵種は肅宗 3年(1677) 過去に合格してピョンガン県監を執り行なった事がある.

この服は無名を縫って作った男ズボンだ.寸法はズボン長さ 97㎝,バジトング 29㎝,ズボン腰長さ 68㎝,ズボン腰広さ 18㎝,ザックウンサポックギルが 63.1㎝,クンサポックギルが 94.6㎝だ.

# by naver007 | 2006-10-25 21:14 | ■韓国文化財

重要民俗資料 第113-2号

ミョングズヌビチァングの(明紬ヌビ 衣)

時代未詳
高麗大学校

朝鮮時代入れ墨である紅塵種(1649〜1702)の衣服で 1968年京畿道計算違い邑で出土された.紅塵種は肅宗 3年(1677) 過去に合格してピョンガン県監を執り行なった事がある.

創意はたいてい常衣の上衣で着たし官服には下敷き服で着た.この服は明紬を材料にして縫って作った服だ.寸法は着丈 124.8㎝,化粧113㎝,後品 27㎝,古代 24㎝,震動 31.4㎝,袖末広さ 25㎝,ソメトング 50㎝,ギッギルが 44.5㎝だ.

# by naver007 | 2006-10-25 21:09 | ■韓国文化財

重要民俗資料 第113-7号

ダブホ

時代未詳
高麗大学校

この服は朝鮮時代ピョンガン県監を執り行なった事がある入れ墨紅塵種(1649〜1702)が常衣で着したダブホだ.

ダブホと言う(のは)小売値ない今のツルマキに似ている姿である胞衣一種で長さが長くてのそばと前に重ねて当てる布地である大根とソブがないし後縫目が腰下に開けている服だ.

後が前より 30㎝位短い縫った服として以前のダブホとは違う姿をしていて複式研究に貴重な資料になっている.

# by naver007 | 2006-10-25 21:07 | ■韓国文化財

重要民俗資料 第113-6号

深衣

時代未詳
高麗大学校

この服は朝鮮時代ピョンガン県監を執り行なった事がある入れ墨紅塵種(1649〜1702)が常衣で着た審議だ.

審議と言う(のは)高麗時代中国の宋の国から入って来たし朝鮮時代儒者たちが着た服で頭に道服にそろえる頭巾の一つとともに着した.襟,袖末,すそなどには黒色線をドルリョッウであり腰には台をかけて五色の帯を垂らした.

この審議は現存すること中一番古いことで台(帯)まで保存していて複式社研究に貴重な資料になっている.

# by naver007 | 2006-10-25 21:04 | ■韓国文化財


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30