naver007

2007年 11月 04日 ( 1 )

下書き3

記事
政府官費生に渡日して勉学する

先生は黄海道送話(松禾)だね風害なら盛夏里から 1875年 1月 10日本観(本貫) 書下ノ氏(西河盧氏)である田舍士老兵菌(盧秉均)の三番目息子に生まれた.

先生はオリルテから人並みはずれて身の丈が大きくて顔も大きかったし心が沈着で性格が非常に豪宕だった. 父親は将来武人になるのを希望して兵士をよく治めることができる差し支え(智将)になるように願って息子の漢文数学世話を惜しまなかった.

21三なった海人 1895年には当時内務代わりである朴泳孝の主唱によって成り立った大韓帝国政府官費生で選ばれて日本のいわゆる明治維新後急激に発展するようになった政治社会文化全般を学ぶという目的に日本に派遣された.

先生は日本東京にある慶応義塾(慶応義塾) 普通科と特別とを終えて 1898年 11月星星学校(成城学校)を卒業した後また日本陸軍士官学校 11芸者で入学して初めて新式軍事学を学ぶようになった. オリルテから武人されるのを願った位熱心で学業に精進して優秀な成績に卒業するようになった.

More
[PR]
by naver007 | 2007-11-04 21:57


画像置き場
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧