naver007

2006年 10月 25日 ( 11 )

試み記念物 第218号(長興郡)

天道教長興教堂

長興遷都校堂は元々 1906年 4月に東学の後裔である校具場姜ボンス(姜〓秀) などが中心になって遷都教人に募金運動を展開して建てられた.天道教長興郡校具歴史〉と校堂内部にかかった〈校具実技(教区室記〉(1920年)を通じて当時改築には全南意思院(全南議事員) シンミョングフィ(申明煕),長興校具場金財界,受領姜ボンス,ユンセヒョンなどが主導したということと 1917年(布徳五十六年情事(布徳五十六年丁巳) 11月から一ヶ月余りにかけて 2,300ウォン(円)を募金して 1918年 2月 15日に建築を始めて 6ヶ月ぶりである 8月 26日竣工したことそして建築実費が 1,600ウォンが入ったということが分かる

.募金に参加した軟調である(捐助人) 169人,モックヨックである(木役人) 104人,土役である(土役人) 34人で名簿が確認された.土役人は寄宿所(寄宿所) 建立を主にした.このように 1906年と 1918年の建立に発起人と軟調である,モックヨックである,土役人まで記録されて建築金額や建立期間まで分かって重要だ.

長興地方に東学(1905年天道教で改称)が布教された連帯はおおよそ 1891年頃だったが李引換,李方言,ムンナムテックなどが東学に入門するようになった.

天道教だ建物として残っている有り勝ちではない建築物という点,三一運動など項である独立運動をした人物たちと連携される空間構造として重要な席を占める.そして構造様式において伝統韓屋が開花期の多くの文化が変容されながら功績近代化過程を表象するなど近代移行期の公共機関の建物の変貌過程が分かるという点等で歴史的,学術的,郷土文化史蹟価値がある.

日帝強制占領期間
財団法人天道教維持財団

[PR]
by naver007 | 2006-10-25 22:57 | ■韓国文化財

文化財センター

http://www.cha.go.kr/cultural_info/infoMainList.action
翻訳
[PR]
by naver007 | 2006-10-25 21:38 | ■韓国資料サイト

重要民俗資料 第113-9号


時代未詳
高麗大学校

朝鮮時代入れ墨である紅塵種(1649〜1702)の衣服で 1968年京畿道計算違い邑で出土された.紅塵種は肅宗 3年(1677) 過去に合格してピョンガン県監を執り行なった事がある.

2点の中で一つは表と載せないa明紬で薄く綿を置いて 1.5㎝で歩き回って作った男ズボンだ.ズボン長さ 110㎝,ズボン腰長さ 61㎝,腰広さ 17.8㎝,ミッギルが 42.6㎝,くちばし広さ 30㎝でくちばし下には他の布を 2.2㎝ 大魚中でゴンググリョッダ.

もう一つは明紬に綿を厚く置いて 6㎝ 厚さで歩き回ったことで,寒い時はくズボンだ.ズボン長さ 96.5㎝,ホ里道が 67㎝,腰広さ 18㎝,くちばし広さ 30㎝,ミッウィギルが 39㎝,クンサポックノブが 25㎝だ.

[PR]
by naver007 | 2006-10-25 21:16 | ■韓国文化財

重要民俗資料 第113-8号

モックミョンナブウィで(木綿納衣袴)

時代未詳
高麗大学校

朝鮮時代入れ墨である紅塵種(1649〜1702)の衣服で 1968年京畿道計算違い邑で出土された.紅塵種は肅宗 3年(1677) 過去に合格してピョンガン県監を執り行なった事がある.

この服は無名を縫って作った男ズボンだ.寸法はズボン長さ 97㎝,バジトング 29㎝,ズボン腰長さ 68㎝,ズボン腰広さ 18㎝,ザックウンサポックギルが 63.1㎝,クンサポックギルが 94.6㎝だ.

[PR]
by naver007 | 2006-10-25 21:14 | ■韓国文化財

重要民俗資料 第113-2号

ミョングズヌビチァングの(明紬ヌビ 衣)

時代未詳
高麗大学校

朝鮮時代入れ墨である紅塵種(1649〜1702)の衣服で 1968年京畿道計算違い邑で出土された.紅塵種は肅宗 3年(1677) 過去に合格してピョンガン県監を執り行なった事がある.

創意はたいてい常衣の上衣で着たし官服には下敷き服で着た.この服は明紬を材料にして縫って作った服だ.寸法は着丈 124.8㎝,化粧113㎝,後品 27㎝,古代 24㎝,震動 31.4㎝,袖末広さ 25㎝,ソメトング 50㎝,ギッギルが 44.5㎝だ.

[PR]
by naver007 | 2006-10-25 21:09 | ■韓国文化財

重要民俗資料 第113-7号

ダブホ

時代未詳
高麗大学校

この服は朝鮮時代ピョンガン県監を執り行なった事がある入れ墨紅塵種(1649〜1702)が常衣で着したダブホだ.

ダブホと言う(のは)小売値ない今のツルマキに似ている姿である胞衣一種で長さが長くてのそばと前に重ねて当てる布地である大根とソブがないし後縫目が腰下に開けている服だ.

後が前より 30㎝位短い縫った服として以前のダブホとは違う姿をしていて複式研究に貴重な資料になっている.

[PR]
by naver007 | 2006-10-25 21:07 | ■韓国文化財

重要民俗資料 第113-6号

深衣

時代未詳
高麗大学校

この服は朝鮮時代ピョンガン県監を執り行なった事がある入れ墨紅塵種(1649〜1702)が常衣で着た審議だ.

審議と言う(のは)高麗時代中国の宋の国から入って来たし朝鮮時代儒者たちが着た服で頭に道服にそろえる頭巾の一つとともに着した.襟,袖末,すそなどには黒色線をドルリョッウであり腰には台をかけて五色の帯を垂らした.

この審議は現存すること中一番古いことで台(帯)まで保存していて複式社研究に貴重な資料になっている.

[PR]
by naver007 | 2006-10-25 21:04 | ■韓国文化財

試み類型文化財 第144-19号

仁王像1

朝鮮時代
津寛寺

[PR]
by naver007 | 2006-10-25 20:51 | ■韓国文化財

試み類型文化財 第144-20号

仁王像2

朝鮮時代
津寛寺

[PR]
by naver007 | 2006-10-25 20:45 | ■韓国文化財

文化財資料 第11号

文化財資料 第11号(恩平区)

津寛寺独聖閣塑造独聖(那畔尊者)
朝鮮時代


この仏像は現在津寛寺毒性閣に法案された毒性上に塑造ドルだ.毒性はナバンゾンザとも言うのにナムイン島のチォンテサンに居住して仏様の手記を受けて熱心に精進する私一人中の一人として我が国では朝鮮後期に山神及び七成とともに三星閣に奉安するとか別に毒性閣に奉安して信仰こんにちはだった.

毒性上は現在塑造の仏像に彩色をして奉安しているのに身体に比べて顔が大きくて両手を膝の上につけた姿など七星閣の石仏座像と似ている.顔はほとんど四角形に近い位に角が負けたが目と眉間が遠くて,鼻がにょっきと湧いているし,口を必ずつぐんでいるなど意志が強い羅漢の姿をよく表現している.身にかけた家事は左(左である)で,左側肩には家事を固定した金具飾りが表現された.ちょっと長い上体に比べて膝が低くて身体が長く見えて低く表現された膝の上に両手を端整につけている.

大部分毒性は仏画では私でも羅漢の姿に表現されることが原則だがここでは若い羅漢の姿で表現したのが特異だ.この仏像は塑造で作った毒性上としてソウル, 京幾一円にはほとんど残っていない毒性切れという点で重要な意義がある.また当時毒性上の特徴と彫刻様式が分かる資料に評価される.

[PR]
by naver007 | 2006-10-25 20:43 | ■韓国文化財


画像置き場
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31