naver007

下書き3

記事
政府官費生に渡日して勉学する

先生は黄海道送話(松禾)だね風害なら盛夏里から 1875年 1月 10日本観(本貫) 書下ノ氏(西河盧氏)である田舍士老兵菌(盧秉均)の三番目息子に生まれた.

先生はオリルテから人並みはずれて身の丈が大きくて顔も大きかったし心が沈着で性格が非常に豪宕だった. 父親は将来武人になるのを希望して兵士をよく治めることができる差し支え(智将)になるように願って息子の漢文数学世話を惜しまなかった.

21三なった海人 1895年には当時内務代わりである朴泳孝の主唱によって成り立った大韓帝国政府官費生で選ばれて日本のいわゆる明治維新後急激に発展するようになった政治社会文化全般を学ぶという目的に日本に派遣された.

先生は日本東京にある慶応義塾(慶応義塾) 普通科と特別とを終えて 1898年 11月星星学校(成城学校)を卒業した後また日本陸軍士官学校 11芸者で入学して初めて新式軍事学を学ぶようになった. オリルテから武人されるのを願った位熱心で学業に精進して優秀な成績に卒業するようになった.




武人としての気質と竹ひらみたいな性分を持った典型的な軍人

1900年 10月帰国して当時元帥府(元帥府) 会計国総長である閔泳煥(閔泳煥)の取り持ちで漁エ�魚潭) ユンチソング(尹致晟) ギムヒョングソブ(金亨燮) などとともに陸軍参尉に任官されて韓国無関学校歩兵と教官になって軍隊養成につくした.

1904年には露日戦争が起こるに観戦団(観戦団)になって中国の対連麗水順天(大連 旅順) 等地を見回ったしその後部位正位真実領部令精霊に昇進された. 先生は陸軍無関学校長を始じめ憲兵大将, 陸軍軟性学校長を歴任した.

1905年乙巳5条約を葬祭締結した頃にあった先生のエピソード(逸話)を紹介すれば, 条約を結んだ後伊藤博文(伊藤博文)が統監府をソウルに設置して韓国側高官たちを招待して大きく宴会を施したが先生も招請されて参加するようになった. この席には李完用(李完用) 宋ビョンジュン(宋秉〓) など逆臣たちが参加していることを分かって先生はこれらの前に行って "玉里ウォリ"と犬を呼ぶことのように呼んだ. それは国を売り込んだゲガッはやつというのだったが日本軍司令官長谷千戸も(長谷川好道)がそれが分かって刀を抜いてあげて飛びかかろうと思うと先生も刀を抜いて対決しようと思った.

この刺刺しい突発的事件を見た伊藤博文が慌しく張穀賎司令官を引き止めることでやっと決闘は兔れるようになったが宴会場は罷宴(破宴)になってしまったというのだ. このように先生は武人としての気迫と竹ひらみたいな強直な性分を持ったと伝えられる.

その後 1907年 8月 1日韓国軍隊解散で陸軍軟性学校は閉校されて先生は軍部教育局長に専任されて精霊(正領)の階級で軍服を脱ぐようになった. アメリカで帰国した安昌浩(安昌浩)は先生と全徳基(全徳基), 梁起鐸(梁起鐸), 李東寧(李東寧) などとともに秘密決死新民会(新民会)を組織して軍事力回復のための愛国啓蒙に先に立った.

アメリカで亡命, 国民軍団から独立軍養成に力をつくす

1910年 8月 29日国権を侵奪した日製は懐柔と脅迫で協力することを数えきれなく強迫(強迫)したが先生はもとのままに断りながら新しい滑路を捜すのに身悶えした.



▲ 対朝鮮国民軍団士官学校生徒たちは兵営で寄宿しながら締める編成してパイナップル農場で仕事をしながら訓練・学習を竝行した. c。京郷新聞


空の屠牛心か? 1915年 7月中国視察という名目で中国へ行くことができる道が開かれて照明区(趙明九) などとともに中国でが上海で船便にアメリカに亡命するようになったのだ. 先生はハワイオアフがハルルジバングでパク・ヨンマンと一緒に国民軍団を創設して別動隊主任になって独立軍養成のために力をつくした.

元々アメリカ国内では外国人の軍事活動が許諾されなかったがハワイ米軍司令官がこれを見逃してくれたのだ. 君剤(軍制)はアメリカ式にして鉄砲は木銃に代用したし兵営を建築したがあいにく国恥日(国恥日)である 8月 29日に落成式を行われるようになった. ハワイ海外同胞祝い客 600余人は感激のるつぼに染み付いた.

最初の 抗日飛行士 養成, "東京に飛んでスックデバッを作ろう"と言う卒業生たちの意気

その後 1916年サンフランシスコで 「太平洋時報(太平洋時報)」を創刊して言論を通じて祖国の実際と独立運動鼓吹を宣伝しながら活動している途中カリフォルニア州に移住, 定着するようになった. 先生は武人の先見の明でこれからの戦争は陸軍よりも空に飛ぶ空軍力が牛耳るはずだという信念を持って飛行士を養成しなければならないと地方維持たちに説得した.



▲ カリフォルニアウィルロウスの韓人飛行場で訓練中の操縦士たち


この熱意に感動した国民回中央総会総務職を引き受けているグァックイムデ(郭林大)が毎月 600ドルずつ財政を支援するという約束を受けて, 1919年 1月 20日アメリカカリフォルニア州北方 "ウィルロウス"に這うのを建設するようになったし 1920年 2月 20日飛行士養成所を設立した.



▲ 韓国最初の飛行士養成所.
太極マークが鮮かに描かれた JN-4D 訓練機, 横の気体には KACという記号が見える


一方グァックイムデの取り持ちでカリフォルニア州で米の王で通じるギムゾングリン(金鍾麟)が分かるようになって新しい飛行軍団創設必要性を力説するとキム・ジョンインは養成所建設に必要な各種航空施設一体を引き受けてくれるということと毎月 3,000ドルずつ警備(経費)支援をしてくれるという約束も受けた.

飛行軍団組職はギムゾングリン(金鍾麟)を総裁に推戴して先生は総務に活動したしグァックイムデは訓練生監督を引き受けた. いよいよ 1920年 5月には演習用飛行機 2台と飛行士路程民?朴落選?ウビョングオック?オイムハ?利用では?離礁など 6人を招いて教官団を養成して歴史的な飛行士養成所を開校こんにちはだった.


▲ 独立新聞に載せられた韓国最初の飛行家 6人(の中掻白燐群舞総長)


演習飛行機は 5台に増えたし 1922年 6月には学生数が 41人に達して 1923年には 11人の卒業生を排出するようになった. ハングゴングスルを学んだ卒業生たちは心意気が衝天して "東京に飛んでスックデバッを作ろう"と豪言したりしたがとにかく我が国の人によって国外で飛行士を養成するということは思うこともできなかった事だったしまた独立戦争のための抗日飛行軍団を組織するようになったことは我が国の軍役思想非常に大きい意味があるとする.

漢城と上海の臨時政府で群舞副総長に先任される

1919年は我が民族には鼓舞的で希望に満ちる日だ. 1918年 11月 11日ドイツとオーストリアの敗戦で弱小民族と被圧迫民族に民主共和制の思潮(思潮)が伝えた.

このような世界の流れの中で我が民族にも自由と独立を切望する荒い波が起きた. 1919年 2月 8日東京留学生中心の独立宣言と民族全体的で全国的に起きた 3?1独立万歳示威運動の結果全国民は我が民族の代表機関である政府を樹立しようとする切実な所望で団結するようになって国内, 中国, 老令等地で臨時政府を樹立する結実を結ぶようにした.

その中で 1919年 4月 23日国内では 13度代表がソウルに集まって漢城臨時政府を組職閣員たちの名簿を発表したが先生は群舞総長に先任された.



▲ 大韓民国臨時政府新年祝賀会記念(1920.1.1)


大統領 : 李承晩 国務総理 : 李東輝
外務省総長 : 朴容万 内務省総長 : 安昌浩
財務部総長 : 崔在亨 群舞副総長 : 盧伯麟
法務省総長 : 申圭植 学務副総長 : 金〓植
交通部総長 : 文昌範



▲ 1920年 1月大韓民国臨時政府の群舞総長掻白燐が軍人の養成と軍隊編成の大切さを説明して, 大韓民国軍人で支援することを勧める布告文
上海臨時政府でも先生は群舞総長に選出されたし上海臨時政府が文治派と無力派で両分された台先生は無力派に属して李東輝?ユドングヨル?シン・チェホ?パク・ヨンマンなどとともにしたし無関学校出身者を主軸で無力増進をはかった.

祖国光復のために無力で真空

1921年 6月には中国北京で第2横這い団(普合団)に加入して郡臨場(軍任長)を引き受けて活動したし 1922年 7月に至って傷害では臨時の庭園の解散問題, 国民大表回夙備回養成問題, ハンヒョンググォン(韓馨権)のレーニン政府補助金任意使用問題などで時局が極度にまちまちになって独立運動さえ中断しなければならないほどに危機に処したがこれを収まるために先生は安昌浩?呂運亨?李始栄?チョ・ソアン?ユンギソブなどとともに時史冊陣回(時事策進会)を組織して国政の統一と独立運動方略の統一のために活動した.

また理解臨時政府国務総理に任命されて 1924年 4月 9日まで 1年 10ヶ月間にわたって国政を統括して臨時政府の発展のために献身した. 同年 5月 30日には参謀総長に任命されて今一度軍事関係を担当するようになった.

普段"国家と民族を愛しなさい"と言う言葉が遺言になる

先生は末年に陸軍精霊に制服をよく着たし征服を撫でながら常に郷愁にひたって韓国軍人としての矜持と自分(自身)を守ったのだ.

このどうして武人として感懐がないことがあるか. また "征服に馬に乗って南大門に入城して見ればまことに良いだろう"と常に口癖のように話して失意と挫折の中で落望の歳月を過ごした. 先生は自転車乗るのをすごく好きで毎日傷害市内をあまねく乗って通った.

先生はいつも家族たちを集めておいて "国家と民族を愛しなさい"と悟らせてくれた.

先生は 2年前から心臓疾患で自宅で療養中だったが今月上旬から病状が悪くなって 1926年 1月 22日 11時 45分傷害フランス租界の一洋館一部屋で 52歳で死亡した.

普段家族たちに教えてあげた "国家と民族を愛しなさい"と言う言葉が遺言になってしまった. 一生願った光復が見られなかったまま案外に死亡するようになった先生に後学たちは深い哀悼を差し上げながら国ないことを悲しむ心をダルレルギルなかった
b0079910_21535741.jpg

b0079910_21532321.jpg

[PR]
by naver007 | 2007-11-04 21:57
<< 金九 下書き2 >>


画像置き場
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧