naver007

下書き


掻白燐(廬伯麟,1875年 1月 10日 ~ 1926年 1月 22日)は韓国の独立運動家だ.雅名は係員(桂園)だ.
黄海道送話生まれで幼い時は漢学を修学した.1895年大韓帝国の日本官費留学生で選ばれて
慶応義塾と日本陸軍士官学校(第 11期)を卒業した.
彼は 1900年帰国して漁エ・ユンチソングなどとともに陸軍参尉に任官した後韓国無関学校教官,
陸軍軟性学校校長を引き受けた.しかし掻白燐は漁エ繧ネどの親である軍人たちとは違い
乙巳條約締結と軍隊解散,限りである併合条約などで国権があっという間に日本に移る過程で
これを反対する立場(入場)を立て通した.1907年安昌浩,全徳基,梁起鐸,李東寧などとともに
新民会を組織したし,結局 1915年中国を経ってアメリカで亡命した.

アメリカではハワイ州に泊まりながら米軍の助けを借りてパク・ヨンマンと一緒に限りである
独立軍部隊を組織してから,サンフランシスコに移動して 1920年カリフォルニア州北部に飛行学校を
設立して空軍独立軍を養成した[1].彼は早くから空軍の大切さに対して力説したと言う.

1919年 3・1 運動直後結成された漢城臨時政府で群舞副総長を引き受けたし,上海の大韓民国臨時政府
でも群舞総長に選出された.以後臨時政府の国務総理まで勤めたし,李東輝,リュドングリョル,シン・
チェホ,パク・ヨンマンなどとともに無力を通じる独立運動を支持する方に属した.

1926年上海で病死したし,1962年建国勳章大統領場が追書された.息子である路線頃,老態与えた,
娘掻お巡りさんも建国勳章を受けた独立運動家だ.
http://ko.wikipedia.org/wiki/%EB%85%B8%EB%B0%B1%EB%A6%B0

........................................

掻白燐(1875-1926)

係員掻白燐は黄海道送話だね風害面で生まれた.幼いごろから気骨が壮大で力がすぐれて周りから
将軍がねだと称尿を受けた.故郷で漢文を学んでいる途中上京して 1895年政府で抜く全国の
秀才 120人に選ばれて官費留学生で日本に行く.
イガブ,ユドングヨル,ユンチソングと日本で慶応義塾を卒業した.
その年に乙未事変俄館播遷などの政変が起こって親日だ朴泳孝が日本に亡命すると政府では
留学生たちにも逆党の濡れ衣を着せて学費を送らなかった.

しかし意味を固く立てた掻白燐はもっと勉学して 1898年合成学校を卒業した.
翌年 11月には日本の陸軍士官学校を優秀な成績に卒業する.
1900年帰国して閔泳煥の積極的な取り持ちでユンチソングなどのように陸軍惨事に任官されて
韓国無関学校教官で後進養成に情熱を捧げた.1904年露日戦争の時の将軍は観戦社になって
満洲等地を視察して陸軍無関学校長,陸軍軟性学校長など軍医要職を歴任して国軍育成につくした.

1907年 8月1日韓国軍隊解散という恥辱を当たると軍隊の少ない捨てて教育界に身を投げて
ポソン学校校長になった.国内では初めて皮革事業と食料品店,金鉱,鉄工所などの事業をしたりしたが
軍事侵略と同じく危険視された経済侵略を阻む民族産業振興のために労力した.
国権を失ったことを歎息した彼は安昌浩,イガブ,シン・チェホなどと新民会を組織して
救国運動を展開したし故郷送話には光武学堂を設立した.

その年 6月パク・ヨンマンとハワイに国民軍団を創設して 300人余りの独立軍を訓練させた.
1919年大韓民国臨時政府が樹立されるとこれを通じて抗日独立運動を展開した.
軍人出身だった彼は戦闘を通じて独立を成すことができるという独立戦争では寝た.

臨時政府で李東輝に引き続き第2代群舞部総長に任命されたし李承晩,安昌浩,パク・ヨンマン,
李東輝,キムキュシックと一緒にパリ強化会議に代表に選発された.彼はこれからの戦闘は
空を支配する者に勝利があると信じて 1920年 2月20日韓国人では最初で空軍養成のための
飛行遠慮性巣をブックがズセクラメント近くウィルロウスに設立した.
符号ギムゾングリムの積極的な財政的支援に負った.

1920年 1月全国民に光復軍戦闘隊列に参加を頼む群舞部包告第1号を発表するなど
米洲地域にことしながらも光復軍の戦闘を支援するのに混血を傾けた.
1921年 7月ウィルロウスを去って傷害に帰った.当時臨時政府は統合過程から独立運動路線差などで
君のグループで分けられていた.文昌範を中心にする老令の大韓国民議会政府,パク・ヨンマン,
シン・チェホを中心にする北京の軍事統一回,李東輝を中心にする限りである社堂,安昌浩を中心に
する臨時政府維持派などだった.アメリカにあった李承晩,キムキュシック,掻白燐が傷害に
発ったことはこのような分派を解決するための目的だった.

1922年 6月であり市政府大統領李承晩の地名で国務総理に推戴されて 1924年 4月まで臨時政府を
導いた.勇ましい軍人である同時に志操と熱情の独立活動家だった彼は 1925年 1月22日傷害で
52歳で病死した.将軍は死ぬまで韓国軍服を着して韓国軍人としての矜持を固守した.
将軍の墓地は傷害万国孔廟に安置されている途中 1993年臨時政府要である有害奉還の時
国内に移された.1962年 3月1日建国功労大統領場を追書した.
//http://www.koamhistory.com/home/bbs/board.php?bo_table=000&wr_id=114

................................

李東寧・申圭植・李始栄・掻白燐… '3人方' と一緒に初期臨時政府裏付
その外のリーダーたち

-実録デハンミングックリムシゾングブ


大韓民国臨時政府の初期指導部には李承晩・李東輝・安昌浩など三人の巨頭(巨頭) 外にも
多くの人が参加した.なかでも中枢的役目を一代表的人物は李東寧・申圭植・李始栄・掻白燐などだった
李東寧(1869~1940)は忠南天安出身で大韓帝国時期同上青年会・新民会・青年学友会などで
愛国啓蒙活動をしたし 1911年ウラジオストックで亡命,‘大同新聞’ ‘海藻新聞’ などを発行した.
3・1運動直後臨時政府樹立に参加して臨時の庭園議長を引き受けて傷害臨時政府のスタート過程を
駐在したし,内務総長・国務総理霜などを歴任した.

申圭植(1879~1922)は無関学校出身の軍人で大韓自強会・大韓協会などで活動したし,
亡国(亡国) 直後の 1911年中国に亡命して孫文(孫文)の辛亥革命に加わった.
早く傷害に根付いたし中国国民党要因たちと親しみが深くて朝鮮の社会の ‘大父(代父)役目をした.
臨時政府出帆を裏付けたし臨時の庭園副議長を経って法務総長・外務総長などを引き受けたし,
臨時政府が内紛に包まれると 25日間断食あげく世を去った.

李始栄(1869~1953)は過去に合格した後漢城裁判所長・法部民事局長など政府高位職を歴任した
官僚出身で 1910年満洲で亡命,新興講習所から独立軍養成に力をつくした.
臨時政府樹立に参加して法務総長・財務総長を歴任した.

掻白燐(1875~1926)は日本陸軍士官学校を卒業して韓国無関学校の教育局長・校長で勤めながら
新民会で活動した.1914年ハワイに渡ってパク・ヨンマンと一緒に国民軍団(国民軍団)を創設したし,
臨時政府に参加して群舞総長・国務総理を引き受けた後また参謀総長とクミ委員部の外交委員で
独立運動の一線で活動した.
http://www.chosun.com/national/news/200501/200501250325.html

...............................

"空を飛び回しながら火が付いた石油病をトルオトリンダ."
"敵方が飛行機音さえ聞けば恐怖に抜ける."
"機関銃を装着して空で飛行機立ち込めようぞ戦闘をしたがドイツが優位に立ちながら戦争が
イギリスに不利になった."このように空を飛び回す飛行機に対する関心は非常に爆発的だった.


一方,1907年大韓帝国の皇帝高宗は飛行機に対する消息を聞いてからは "不思議な機械高だけ.
一度見られないか." と関心を表明したと言う.我が民族に飛行機が初めて知られた時が 1905年と
知られている.

1920年 1月 3日.倒産安昌浩先生は '私たち国民が断定して行う 6せりふ' という声明(名前)を
報道してなかでも一番目仕事は軍事力だと指摘した.'大砲,機関銃,飛行機をたくさん確保して
独立戦争のために備えよう.' という文があったが,これを見て安昌浩先生はもうずいぶん前から
飛行機に軍事的使用のために努力したことと見える.

1920年 1月 4日.群舞部総長掻白燐将軍の名医で声明の発表されたが,これは未来韓国の軍事力に
関する養成問題だった.ここで軍事教育に焦点を置いたことは陸軍士官学校設立と飛行士養成の
ための飛行訓練所のさばった.

上海で倒産安昌浩先生を中心に連絡,宣伝用飛行機の購買運動が展開された.アメリカでは掻白
燐将軍を中心に飛行隊設立が具体化された.1月 14日.安昌浩先生は上海にあったアメリカの記者
エボンツとの秘密合意で韓国の飛行機購買に積極協調するという内容の合意をすることで韓国の
飛行団創設はますます具体化になった.

倒産安昌浩先生は 1月 15日に至ることが知られないアメリカである一人に会って航空機購入を
要請した.彼はマニラに本部と連絡,受像機を含んだ航空機 2 種類に対する販売が可能だと明らか
にした.同時に飛行士はアメリカ人は不可能だからソ連人を雇った方が良いとの話も確答受けた.

このような夢に一杯であった安昌浩先生は二つの機種に対する性能を要求する.しかし二つの機種皆
150長芋である以上飛行が不可能な小型気体だった.独立戦争で連絡が必要だった臨時政府としては
シベリアと満洲まで飛行が可能な大型気体を要求したがこれは無産された.同時に中国内での飛行団
創立も無産された.

一方アメリカでは 1916年亡命した掻白燐将軍によって飛行団設立が推進された.掻白燐将軍は李承晩
臨時政府大統領に会って韓国の飛行団創設に協調してくれることを要請したし李承晩臨時政府大統領
もこれを受諾こんにちはだった.翌日アメリカのアメリカ遠征団という部隊の団長に会ってシベリアと
満洲の韓国飛行団創設に関しても論議したがアメリカ遠征団がもう撤収することに決断を出して志を
果たすことができなかった.

以後掻白燐将軍は米洲韓人たちの協助を求めて,飛行団創設に必要な資金問題を解決した.もう残った
ことは飛行団ののさばるだけだった.

掻白燐将軍は韓人たちが提供したケルリポニアあたりに飛行団を立てることに合議して,1920年 2月
20日 California Glenn County Willows(ケルリポニアクランコンティウィルロウ)に飛行団を設立
した.

当時米洲韓人中相当な水準の第儲けだったギムゾングリムは稲作のための地 4百万評価を保有して
いた.これはアメリカである地主の物で事実上上がり高の 90%を捧げなければならなかったが続いた
豊年と 1次大戦による需要増加で韓人たちは相当な資産を蓄積することができた.

当時ギムゾングリムは約 2万ドルを支援したし,これを利用して 1万余坪の大地を賃貸した.
また家屋と天幕等を賃貸して事実上飛行団に施設を取り揃えることができた.限りである団体である
大韓人国民会中央総会でも毎月 600ドルを加えたし,隊員はシカゴから来た 10人とウィルロウに
居住した限りである 300人に構想された.(参照 : 当時設立された軍団学校は六.空軍総合基地で
判断しなければならない.) これらは昼には農業をして夜には軍事訓練を受けた.

一方,ウィルロウに居住したアメリカ人たちは軍事目的の施設が建立されると大きいのが反撥した.
このような世論に掻白燐将軍はアメリカ言論とのインタビューで次のようなものを言うことで周辺
人心を安定させた.

必要な装備と講師の用意し次第に学校が設立されるということが事実だ.学校に入学するすべての
学生たちは現在カリフォルニアにいる韓国である中資源者たちであることだ.この学校の発展は
韓国人たちの経済的な支援と関心によっているとする.カリフォルニアの韓人たちがもう飛行士
になるのを願っていてアメリカ人たちは深刻な反対をしないだろう.もしこの若者達が後に韓国
の独立を争取するためのキャンペーンに参加したらその紛争はアメリカでなくアジアで起きるはず
なのでアメリカ人たちがこの学校を反対する理由がないと思う.


何月後には軍団学校近くに飛行場を設立することに決定,約 2万坪の地に滑走路と幕舍,格納庫等を
設置した.ギムゾングリムは 6月 22日と 6月 24日それぞれ寒帯の航空機を購買するのに成功した.
これはよく分かるようにコトス死の JD-1 載せた.7月末にはもうちょっと進歩した JD-2 気体の
導入に成功する.導入価格はそれぞれ 5000ドルでアルリョゾある.

一方操縦教官ではアメリカのハッピーブライオントシが引き受けたしもうハッピーブライオント
下で航空機操縦訓練を受けた利用では,オイムハ,離礁等 3人も一緒に支援した.韓国である飛行
四重最初はこれらだ.もう 1920年アメリカ国内 3.1節祝い式時彼らは飛行機を操縦,3時間 20分と
2時間の間航空機を操って同胞たちをゴムさせた.

1921年 7月 5日.航空機が確保されると最初の限りである飛行団創立式が挙行された.アメリカの
独立記念である休日とかみ合って多くの人々が参加した中に成り立ったこの創立式にはもうラド
ウッド飛行学校で航空機ゾゾングスルを学んだ 6人等が紹介された.

非行術を学ぶために支援された人は次のようだ.

崔英吉・金泰善・朴有大・趙基浩・崔能翊・朴大一・申永〓・趙鍾翊・鄭伊用・鄭興成・鄭夢竜・洪鍾晩・
趙鎭煥・申衡根・林相煕・李永基・金銓・孫お前も・朴煕成

総 41人でイルウォジン飛行団創設は掻白燐将軍を校長にしたし,多くの後援をしたギムゾング
リムシを総務に任命した.飛行団の学生たちは月 150ウォンで教育を受けることができたが,
もし中間に学校をやめるとか退学される場合には 1年分学費を支払うようになっていた.
約 6000ドルで当時としては物物しい金額だった.

学生たちの学ぶ科目はビヘングゾゾングスル,軍隊戦術,無線電信学,英語,体育,教錬,公民教育など
だったし,7月 6日から 10人の学生たちが飛行機を操りはじめ,本格的な訓練に突入した.

飛行団の資金は学生は月 150ウォン,社員は月 10ウォン,そして奇金であてる事にした.アメリカ
国内韓人たち中北米韓国国民協議会で 1年分収入中 5%を寄付する事にするなど,当時韓人たちの
寄付熱気はすごかった.

ウビョングオック・オイムハ・イ・ヨンシク・離礁等 1回卒業生 4人は直ちに飛行団教官で採用された.
当時 2年間排出した卒業生は 19人と知られている.

一方,アメリカ人たちも韓国の飛行団に大きい関心を見せた.アメリカ人たちの奇金もあったし,
当時映画でも撮影されて全国に伝えた.

しかしアジア国々が米生産を再開しながら経済的な志願者だったギムゾングリムシが破産直前に追われるなど
韓人たちの経済が深刻になりながら,飛行団は継続的に維持しにくくなった.結局 2年間の運営期間を終りに飛行団は解体なったことと伝わる.


一方,中国内飛行団創設が挫折された以後には中国とソ連の飛行学校修了等で飛行士が養成され始めた.
当時モスクワ航空学校に入学した人だけも 7名もなった.

中国は 1920年代自分たちの飛行学校に入学資格を中国人と同等にさせてギムゴングジブ・バックヒョン
ファン・金型菌・パク・テハ・キム・ジンな・権期屋・ツェヨングドック・徐曰甫など多数の操縦士が入校,
飛行士資格証を獲得した.またギムゴングジブ・パク・テハ等はモスクワ飛行学校に入校して優秀な
成績に卒業したことと知られた.

1920年日本で初めに開かれた飛行士資格証試験に韓国であるアンチァングナムは堂堂と 1位で合格,
飛行士になった.彼は 1928年祖国を訪問飛行するなど韓国人たちに自負心を残した.独立運動に
合流しようとしていたアンチァングナムは 1929年飛行機事故で死亡した.

2次大戦が勃発すると臨時政府は光復軍空軍を創設することに決めた.もう 20人余りの韓人たちが
中国空軍に倍速されていたし人々は操縦とゾングビスルを持っていたから人員問題は心配なかった.


http://www.afbase.com/bbs/zboard.php?id=eddi&page=1&sn1=&divpage=1&sn=off&ss=on&sc=off
&select_arrange=headnum&desc=asc&no=101





こんにちは (^-^)/


今日は光復軍の空軍について投稿します。早速ですが、まずこの写真。
機体に太極マークがあります。見えますか?
        

       




次に1920年4月27日の獨立新聞の記事を見てください。





「大韓が初めて持つ飛行家 6人」のタイトルです。内容は「これらがカリフォル
ニアレッドウッドの飛行学校を1920年2月に終えた後に、ウィルロウスにある飛行
学校で研究教授に携わる人だ」「これら誇らしい大韓の青年たちが将来独立軍の空軍
を導く予定」という内容が記されています。(California Glenn County Willows)                            



結論からいえば、上の太極マーク付飛行機は「大韓が初めて持つ飛行家 6人」が
レッドウッド飛行学校の訓練終了後教官となるウィルロウス飛行学校に導入され
た訓練機
となのです。。                    




ところで、ウィルロック飛行学校とは何でしょう?実は光復軍空軍には仕掛け人
がいました。金佐鎮のように有名ではありませんが、盧伯麟と安昌浩です。ここ
では盧伯麟の経歴を韓国wikiといくつかのHPをまとめたものを記しておきます。                   







■盧伯麟■                              
1875年1月10日黄海道生まれ。926年1月22日没。韓国独立運動家。雅名は桂園。
幼い時は漢学を修学。1895年政府の全国秀才120人に選ばれ大韓帝国の日本官費
留学生に選抜。慶応義塾で神学を学び、日本陸軍士官学校(第 11期)を卒業。 
(士官学校に入学したのは留学生への官費が支給停止になったためという話あり)

1900年帰国後、閔泳煥の積極的な要請で陸軍参事に任官、韓国武官学校教官で後
進養成。1904年露日戦争時は満洲を視察後、陸軍武官学校長など軍医要職を歴任。
乙巳條約締結と軍隊解散、併合条約などで国権が日本に移ることに反対する立場。

1907年 8月1日韓国軍隊解散を機に学校の学校校長職や皮革事業と食料品店、金鉱
鉄工所などの事業を展開するも失敗。安昌浩や金九と新民会を組織し救国運動をす
るが結局1915年(1914年?)アメリカに亡命。               

亡命先で、李承晩など独立運動家たちと会い、また独立運動を再開。1919年大韓民
国臨時政府が樹立されると、第2代軍部総長に任命されて独立軍の将軍となる。
1926年上海でに交通事故により死亡。                   







盧伯麟はアメリカに亡命後、すぐに「これからは空軍だ!」と思ったそうです。 
時の臨時政府大統領・李承晩も協調したとあります。何とかアメリカの飛行部隊に
参加して、満洲の韓国飛行団創設を実現したかったのですが実現しませんでした。
(当たり前といえば、当たり前)



それから盧伯麟は、独立軍活動をしていた青年たち6人を選抜して、アメリカ民間
学校カリフォルニア・レッドウッド飛行学校に入校させます。それが1920年4月27
日の独立新聞の記事「大韓が初めて持つ飛行家 6人」です。この人たちを教官にし
て自分たちの飛行訓練所を設立するという計画だったのですね。        




さあ、教官のメドが立ちました。ハッピーブライオントというアメリカ人の操縦教
官も手伝うことになりました。次に肝心な資金集めです。盧伯麟は在米韓人社会を
早い段階から訪問し、空軍の必要性を説きました。              

そんな中、カリフォルニア州北方の小都市ウィルロウスで稲作で成功した後、大農
場を経営していた人物と出会います。盧伯麟将軍に感化されたこの人物・富豪ギム
ゾングリムは、2万ドルとも3万ドルいわれる資金援助してめでたく1920年3月に
独立軍団飛行学校を設立しました。300人余りの韓人たちの組織、大韓人国民会中
央総会が毎月約600ドルを寄付して資金提供したそうです。          

(当時の600ドルは最高級乗用車1台購入できたとか。でもウィルロウ周辺アメリ
カ人たちから軍事目的の施設が建立されるのはいやだと反発を受けていますがw)            




40エーカー規模の土地を受けて滑走路や幕舍、格納庫を建設し、飛行訓練教官を招
いて、いよいよ学生募集です。アメリカに散らばっていた若い韓人青年たちが月10
ドルの月謝を出して入校し、飛行術と飛行機整備、英語教育等を受けたそうです。         

(しかし中途退学は1年分学費約 6000ドルの違約金が発生!えっ?商売です?@@)




そして、肝心の飛行機です。



3月に学校設立。そして5月。ついに2人乗り複葉機の購入を決めました。しかしながら
当時のアメリカでも飛行機は最尖端の産物です。国籍もない韓人に飛行機を売る飛行機
会社はありません。それでも苦労して、やっとのことでアメリカ民間飛行クラブで使っ
ていた3機のコティスJN-1とJN-2 の中古機体(5年落ち)を6月 22日と 6月 24日と7月
末に購入することに成功しました。(導入価格は2000ドル~5000ドルと記述が多様です)                       









この飛行機たちを見て盧伯麟将軍と士官候補生たちは、直ちにこの飛行機に鮮かに太極
マークを描いて
入れ、大韓の航空隊という意味でKACという識別記号を表示したそうです。
他の人々もよほどうれしく感激して泣く人もいたとか。誇らしいかったのでしょうね。  




3月に学校設立。5月に航空機導入。そして7月に25人がこの学校を卒業しました。訓練
学校は評判になり、アメリカ全土から韓人青年の問い合わせが殺到したそうです。 



これに気をよくした盧伯麟将軍は、上海の臨時政府にこの飛行学校の活動状況を知らせ
独立軍空軍の創設が成功的に推進されているという書信を出しました。それを受
けて、臨時政府は独立運動家の中で若くて優秀な青年たちを選抜し、アメリカに派遣し
て飛行術を学ぶようにしようとする具体的な方針まで立てるようになったそうです。 




[ カリフォルニアウィルロウス飛行場で訓練中の操縦士たち ]




さあ!光復軍の空軍が誕生しました。
(え?訓練機だけで?とか、爆撃機はないの?とか・・・禁止w)




以後、ウィルロウス飛行学校は5機の訓練機を装備するまでになりましたが、
アメリカ経済の急激な悪化で現地韓人たちも経済破綻。資金事情が悪くなり
飛行学校は運営が困難になります。臨時政府でも当然、資金事情が瀕死状態。
結局 約2年後ウィルロウス独立軍団飛行学校は解体されてます。



別な動きとして、満州の空軍は挫折しましたが、中国とソ連の飛行学校で飛行
士が養成されたそうです。当時モスクワ航空学校に入学した人だけも7名あり 
1920年日本で初めに開かれた飛行士資格証試験に韓人が1位で合格したともあ
ります。


これが光復軍の空軍の実態のようです。

この投稿はこちらをまとめました。
      ↓ 
http://airwar.hihome.com/airwar/korea/part3/korea-3-1.htm




そして、この飛行機は光復軍の飛行機ではないと思います。

[PR]
by naver007 | 2007-10-30 09:31
<< 下書き2 光復軍~空軍 >>


画像置き場
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧