naver007

重要民俗資料 第113-9号


時代未詳
高麗大学校

朝鮮時代入れ墨である紅塵種(1649〜1702)の衣服で 1968年京畿道計算違い邑で出土された.紅塵種は肅宗 3年(1677) 過去に合格してピョンガン県監を執り行なった事がある.

2点の中で一つは表と載せないa明紬で薄く綿を置いて 1.5㎝で歩き回って作った男ズボンだ.ズボン長さ 110㎝,ズボン腰長さ 61㎝,腰広さ 17.8㎝,ミッギルが 42.6㎝,くちばし広さ 30㎝でくちばし下には他の布を 2.2㎝ 大魚中でゴンググリョッダ.

もう一つは明紬に綿を厚く置いて 6㎝ 厚さで歩き回ったことで,寒い時はくズボンだ.ズボン長さ 96.5㎝,ホ里道が 67㎝,腰広さ 18㎝,くちばし広さ 30㎝,ミッウィギルが 39㎝,クンサポックノブが 25㎝だ.

[PR]
by naver007 | 2006-10-25 21:16 | ■韓国文化財
<< 文化財センター 重要民俗資料 第113-8号 >>


画像置き場
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30